ブログ

今あるニーズが1年後にあるとは限らない

32bffe8aef68ce561e05f8c435d0a398_s

こんにちは。

講座スタッフの大島です。

昨日は、子どものリクエストで数十年振りに
カラオケに行ってきました。

最近のカラオケは、当然ですが選曲がタッチパネル。
キッズスペースなどもあり、子ども連れでも
カラオケが楽しめるように工夫されています。

子ども用フードのメニューも豊富でした。
どこのファミレスですか?状態。

私が最後に行ったカラオケボックスの
イメージとはだいぶ変わっていて
軽いカルチャーショックでしたね。

71245c8250b2dac26c83d716cb4d5743_s

受け付けなんか、ホテルのフロントみたいですし、
会員証はアプリでしたし。

こういったシステムやサービスも、
年々変化していくんだろうなあと思いました。

ほんと、世の中の流れは早いです。
で、なにを思ったかと言うと、、
「今あるニーズが1年後にあるとは限らない」

ということ。

“事前に種をまいて、育てる”

ということを怠ってはいけないと思うわけです。

種をまいているところ

そしてこの、

“今できる種まき”

が、1年後の安定した年収や受注件数を目指せるわけで。

やっぱり、楽はしたいわけですよね。

「楽」というとちょっと語弊がありますが、
効率よく仕事がしたいと思いますし、
年齢的もだんだん無理が効かなくなってきますから(苦笑)

効率を上げるには「下準備」なんです。

こんなことを書くと、
おばあちゃんの説教にしか聞こえないと思いますが、
このメッセージは特に若い人たちに届けたいです。

「準備がとても重要なんだ」と。

私はゲームが好きなんですが、
攻略本は本当のギリギリまで見ないタイプです。

でもそれは、趣味だからであって、いつ終わらせてもいいし、
ずっと終わらせなくてもいいわけです。
なので、自分のタイミングで攻略本を見ます。

だけど、それがビジネスや仕事であれば、

“攻略本を見るのは早ければ早いほどいい”

と思っていて。
私が5回失敗したことを、他の人は10回失敗して
やっと理解するかもしれません。

この差は大きいと思いませんか?

なぜなら、

人って心が弱いですから、3回に1回ぐらいは何か得る
ものがないと続かないと思うんです。
あ、もちろん、私もですけど(苦笑)

わからないことが続くと、
「もう少し経ってからにしよう」
「今の自分には早すぎたんだ」
となってしまう。

なので、準備をちゃんとしておく。

・マニュアルを読む
・手を動かす
・実務で使えるようにする
・クライアントにアピールしておく

「“今は”翻訳支援ツールを使わなくても(使えなくても)
順調に依頼もあり、ツールを指定されることもないし、
上手くいっている」
という方もたくさんいるでしょう。

でもそれは“来年”はどうかわからない。

とても不安定な足場です。

新芽

だからこそアクセルを踏む必要があると思います。

https://www.transtool.jp/lpp_new/

関連記事

ページ上部へ戻る