ブログ

翻訳の仕事は機械に奪われるのか?と考えるよりも◯◯することが大事

ted

 

将来、職の2つに1つは、機械により自動化されるリスクが高いと
オックスフォードの研究者たちが結論つけました。

機械学習は、もはや信用リスク評価や、
手紙の仕分けといった単純な仕事だけをこなすわけではありません。
今では小論文の採点や病気の診断といった、
ずっと複雑なこともできるようになっています。
このような進歩は不安を覚える疑問を提起します
― 将来私たちの仕事はロボットに取られてしまうのでしょうか?

あなたも人工知能の飛躍的な進歩で、翻訳の仕事も機械に奪われるという話は
聞いたことがあると思います。

だけど、それを心配したところで私たちが
どうにかできるものではないですよね(苦笑)

「仕事がなくなったらどうしよう」「翻訳者はいらなくなるのか……」
なんて、考えたり、悩んだりしているだけでは仕事は取れません。

上に紹介したTEDの動画の中でも言われていますが、
機械は経験したことのない状況に対応する技術がまだまだ進歩していません。

様々な英文を読み、日本語を読み、
中にはほとんど前例のない文章や単語を訳出したことがあるかもしれません。

そうやって経験を積んで、その時に一番最適な訳を考えるのは人間です。

過去の経験に基づいた、確かな理由と裏付けで訳出するのも人間です。

ほとんど共通点のないところから、単語と単語、英文と日本語から手がかりをつなぎ合わせて
オリジナルの訳文を生成することができる。

それは機械にはできないことです。

最後にこの動画はこんなふうに締めくくっています。

どんな仕事を選ぶにせよ、常日頃、新しいことに挑戦することです。
そうすれば、機械に先んじることができるでしょう。

自分でコントロールできないことで悩んだり、
不安になるよりは、小さなことでもいいので
新しいことに挑戦するほうがよっぽど健康的だと思います。

また、「だけど、翻訳者は足りていないって聞くし、
このまま頑張っていればそのうち評価されて……」

なんて期待するのも危険ですよね。
期待というのは諦めから出る言葉ですから。

関連記事

ページ上部へ戻る