ブログ

その揺れや葛藤、実は次の新しい自分に変わりつつあるサインです

Female sprinter waiting for the start on an airport runway

講座スタッフの大島です。

10月も終わりとなり、今年もいよいよ残すところ2ヵ月となりました。
普段、家にこもって仕事をしているので
たまに外へ出かけると、すっかり季節が変わっていて
驚くことがあります(苦笑)

衣替え イメージ写真

そんなわけで昨日は急いで「衣替え」をしました。
私は家にいるので、まだまだ薄着でいいんですが、
子どもとパートナーはそうもいきませんので。

はじめは何でも楽しいことばかりじゃない

さて、私ごとですが、11月になったら新しい仕事が始まります。
ライティングの仕事なのですが、まだまだ駆け出しなので
1800文字程度で3000円、
2000文字程度で4000円の報酬です。

それでもクラウドソーシングなどをのぞくと、
2000~3000文字で300円や500円
なんていう案件もゴロゴロしているので
恵まれているほうだと思います。有り難いことです。

最初にライティングの仕事を受けたのは8月初旬。
クライアントの要望通りに書くことの難しさを痛感し、
うまくいかないことも多々ありました。

まるで特許翻訳を始めたばかりの頃みたいでしたね。
とても苦しかったです。

サインを見逃さないで

何かを始めたり、何か変化を起こそうと頑張っているときって
まっすぐ前に向かってスムーズに、
一定のスピードで結果が出るわけではありません。

うまくいったと思えば、
急にダメな状態になったりもします。

それでも、とりあえずはライティングで
お金をいただけるレベルになりました。

結局は「やったかどうか」「始めたかどうか」が重要で、
それなしには何も結果は出ないし、
何もしなければ何も変わらないですもんね。

これを読んでくださっている方も
新しい事や、今まで始められなかった事などを
スタートしてさせてみてほしいと思います。

・CATツールなんて練習しても無駄なのでは……

・どうせ難しくて使えないし……

・もっと他の効率のいいやり方を探してからにしよう

なんて思い始めたら、
実は次の新しい自分に変わりつつあるサインなのです。

またそういう時は人間の本能として、
「前の状態に戻るべきでは?」
という揺さぶりや葛藤が起きます。

これは元々人間に備わっている機能の1つで、
何か変化がありそうなとき、
どうにかして元の状態を保とうと、
自分自身を調整しようとするからなんです。

そこで変に立ち戻ったり、前に戻ってしまうと
結局ズルズルと先延ばしに……
なんてことになってしまいます。

An image of a road to the horizon with text start now!

今まで躊躇するばかりだったけど今回こそ始めてみよう!
と思われる方はぜひ。

https://www.transtool.jp/lpp_new/

関連記事

ページ上部へ戻る