ブログ

チャットワークでのやり取りを少しだけお見せします

チャットワーク登録

こんにちは、KokoDoki Companyの大島です。

突然ですが、今回は本講座のOJTコースのサポートで使用している
「チャットワーク」をご紹介したいと思います。

実は先日OJTコースを受講開始いただいた方からのご連絡で、
マニュアルの内容が古くなっていることに気が付きまして。
内容を簡略化して、新しく作り直したということがありました。

そうしている中で、こういったコミュニケーションツールに馴染みのない方、
普段使用する機会のない方からすれば「とっつきにくいツールなのかもしれない」と思い、
少しでも知っていただけたらと思った次第です。

チャットワークの登録は無料です

チャットワークの登録はメールアドレスがあればすぐにできます。

「新規登録」の欄に入力したメールアドレスにチャットワークから手続きのメールが送信されるので
指示通りに進んでいけば1~2分で登録完了です。本当に簡単なんです。
とは言え、Skypeくらいであれば、使ったこと、耳したことがあるという方も多いと思うのですが、
チャットワークは、まだあまり馴染みのないコミュニケーションツールかもしれません。

当講座のOJTコースでは、こうやって使っています

OJTコースを受講いただくと「サポート」が付いております。
メールサポート、電話サポート、Skypeサポート、といろいろ考えたのですが、
多機能なのに、使い方はシンプルで、藤原と大島と受講生の方の2対1でのコミュニケーションが
取りやすいチャットワークに落ち着きました。

当講座では「専用のサポートグループ」という受講生とスタッフにか見えない
グループ内でやり取りをします。
このグループは、受講生お1人に対して1グループなので、私たち3人以外は
誰も中に入ることはできませんし、外からもやり取りが見えることはありません。

なので、遠慮なく、誰に気兼ねすることなく使っていただけます。

今回、OJTコースを受講されている方から許可をいただきましたので、
普段のやり取りを少しだけお見せいたしますね。
(なお、個人情報などはこちらで加工しております)

普段は「文字」だけのやり取りです。
時間帯やタイミングによっては、リアルタイムチャットのような感じになることも。

01

 

いただいたご質問に対して、PDFデータをアップしたり。

OJTコース チャットワーク画面

 

画像を添付してご説明したり、逆にエラー画面のスクリーンショットを撮影していただいて
チャットワークにアップしていただくこともあります。
くだけた感じ

 

知り合いの翻訳者からは、翻訳会社とSkype(スカイプ)でMTGや面談などをしたという話も聞きますし、
今回ご紹介したチャットワークも、在宅ワーカーにとっては必須のツールとなっています。

サポートはチャットワークでの対応ですが、チャットワークを導入するまでのご質問や
不明点などはメールでもお受けしていますので、遠慮なくご相談くださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る