ブログ

いただいたご相談とご質問まとめ ~12月版~

明けましておめでとうございます。

KDCスタッフの大島です。
2018年がいよいよスタートしました。
今年も気を抜かず翻訳者の皆さまをサポートして参りますのでどうぞよろしくお願い致します!
遅くなりましたが12月にいただいたご相談とご質問のまとめになります。
過去のまとめはこちら↓↓

いただいたご質問まとめ

いただいたご相談とご質問まとめ ~8月版~

いただいたご相談とご質問まとめ ~9月版~

いただいたご相談とご質問まとめ ~10月版~

いただいたご相談とご質問まとめ~11月版~

ピンポイントでのご相談やご質問も多くありますので、
ご相談前、ご受講前に一度目を通していただくことをおすすめ致します。

 

いただいたご相談とご質問まとめ ~12月版~

 

Q.TRADOSのTIPSに興味を持っております。こちらはどの程度まで応用感がある感じでしょうか?(基礎機能しか使っていなくて、今までにも他社でマニュアルを買ったのですが便利機能とはいえ、いまいち理解できてなくて使えてなかったりしない機能がいっぱいあります。)

A.当講座のTrados Tipsコースにご興味がお有りとのことで、以下、回答させていただきます。当講座のTipsコースには個別サポートとwork(課題)が付いておりません。テキスト及び動画の内容としては基本操作をメインとしたタイトル通りTips的なものとなっております。

たとえばですが、Tipsコースをご購入いただき、別売りのサポートをご検討されてはいかがでしょうか。
https://www.transtool.jp/product-cat/%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88/

おすすめは、チャットワークを利用したサポートですが、Hさまのご予算と現在の状況に合わせてご検討いただければと思います。

 

Q.これから新たに翻訳支援ツールを導入しようと思っております。
色々検討して、導入するならMemoQが分かりやすそうだ、と判断しました。現在MemoQのトライアル版をインストール済ですが、まだTradosとどちらのほうが良いのか迷っております。ご経験からいって、まず最初に導入するにはMemoQかTradosのいずれがよいと思われますか?

A.memoQは個人的に使用する分には、本当に使い勝手はいいのですが、(memoQで)納品することを求められたことはないので、実際の案件で使用するとなると、なかなかおススメし難いところではあります。私藤原も両方所有していますが、現在は、Trados指定でない案件も含めて、すべてTradosを使って訳出しています。

Trados自体大きな買い物となるかとは思いますが、KDCの講座を受講していただくことで、パソコンの肥やしには絶対ならないので、ご安心ください。

 

Q.現在取引のあるところでは、支援ツールを使っての仕事を依頼されることはありませんが自分で過去に訳したものをデータベース化して今後の翻訳に活かしたいのと、今後増えるであろう支援ツールを使った依頼に備えたいのですが……

A.現在、このような形で仕事をされているということであれば、その取引先は大事にされてくださいね。
翻訳支援ツールを使った取引となると、メモリにマッチした部分への対価は支払われなくなるため、こういった会社との付き合いは重要です。

その上で、翻訳支援ツールの導入を考えていらっしゃるのであれば、Tradosをおススメします。Tradosは非常に癖の強いツールではあるのですが、このツールを操作できるようになれば、他のツールは、それほど苦労することなく使うことができるようになります。

 

Q.講座のテキスト(PDF)は、別のパソコンで見ることができますでしょうか?
(休み期間は別のノート型(Windows10)で拝見する可能性があります)

A.Windows10に初めから入っているブラウザ(edge)でPDFの閲覧は可能です。もしご心配なようであれば、ご使用予定のPCにAcrobat Reader DCをインストールされておくことをおすすめ致します。
以下のURLから、Acrobat Reader DCをダウンロードできますので必要に応じて事前にご準備ください。
https://get.adobe.com/jp/reader/
※ページ中央の「提供オプション」は不要であればチェックを外してください

 

Q.動画ファイルも別のパソコンで見ることができますでしょうか?パスワードが何かで開いて見るイメージでしょうか?(休み期間は別のノート型(Windows10)で拝見する可能性があります)

A.動画ファイルはすべて「VIMEO」という外部のプラットフォームにアップロードしております。
ご自身でURLにアクセスいただき、ご視聴していただくシステムです。※視聴には専用パスワードが必要です
You Tubeがご視聴できる環境(通信状態、PCのスペック)であれば問題なく講座動画をご視聴いただけます。

関連記事

ページ上部へ戻る