ブログ

Q. 講座で使っているTradosのバージョンは何でしょうか?

A.当講座では「Trados Studio 2014」の画面を使用して説明していますが、
現在受講中の方は2017をご利用中の方も多数いらっしゃいます。
その上でご説明させていただきますので、ご安心ください。
こちらの方の受講感想も参考になるかと思います。
https://www.transtool.jp/trados-ojt_tsama_fb/

また翻訳者として翻訳支援ツールの導入をお考えの場合には、「Freelance plus」をお薦めします。
値段は高くなってしまいますが、PCの破損は翻訳者であれば、常に念頭に置いておく必要があります。

ページ上部へ戻る