ブログ

特許翻訳丸裸セミナー東京編、無事終了しました

CIMG2971

こんにちは。KokoDoki Companyの藤原です。
さて、当サイト及び当メルマガ、当twitterなどでご連絡させていただいていた藪内さんの特許翻訳丸裸セミナー東京編、無事終了いたしました。当日の朝、ギリギリまで本サイトの記事を書くという暴挙に出ましたが、無事新幹線に乗り遅れることもなく、東京まで移動することができました。

特許翻訳丸裸セミナー東京編の内容とは?

何回もリハーサルを聞いていたわけではなく、私にとってはセミナー参加者と同じ状態でその会場内にいさせていただいたのですが、実はこちらが泣きそうになってしまったのは、「プロの棋士でもポカはする」という話でした。

CIMG2977

あー、うー、そうだよなぁ~~と。いえポカは絶対さけなければいけません。避けるべく努力をするべきなんです。それでも、納期の関係や様々な状況下で発生する「ポカ」。将棋の世界では、9割方勝利が見えていても、最後の最後の「ポカ」で負けてしまうことがある。そんな話でした。

また「微分積分」に例えて、全体を見回すことが必要であること。今、苦しい時期かもしれないけれど、過ぎてしまって全体を見ると、そんな苦しい時期のことなんて忘れてしまう、ほんのわずかな時間に過ぎないかもしれないという話は、思わずうなづきながら聞いてしまいました。

ちょうど確定申告の準備をしていると、1年間の自分の流れを見ることができますよね。もちろん1年間にこだわる必要はなく、その日その日一生懸命だけど、3年を振り返ってみるとどうだろう、みたいな。

CIMG2978

私の場合、この1年間は本当にアップダウンの激しいときでした。でも、3年前の自分に比べると数段階段は上っているわけで、このまま現状維持のわけにはいかないので、さらに登るためには(広義で)、どうするべきなのか、自分の反省点も踏まえて戦略を立てて行く必要があるわけです。

毎日生活していると、1つ1つがとても辛いことも、数年経過すると綺麗さっぱり忘れていることなんて多々ありますよね。現在、私の家族なんて、いい例です。去年のもう少し前の頃は本当に大変でした。5月頃まで不安でいっぱい。

それが、その時期から半年以上経過した今、その点についての心配はさっぱりなくなっています。その状態は、1年以上前にはまったく想定できず、不安でいっぱいだったことを覚えています。

1つ1つは大変であっても、それを乗り越えたあと、振り返ってみれば、それほど大したことじゃなかったってよくあることですよね、子育て中もそうですが。

そんなことを20代の藪内さんが語ることができるなんて、この人はなんて人だろうと改めて尊敬のまなざし。ご本人はきっと謙遜されると思いますが、それもこれも、セミナーの中で何度も出てきた言葉ですが、「自分で考える」ことを繰り返すことで、「経験」せずともこのような考えに繋がってきたのだろうなと思います。

このあたり、これまで藪内さんがどう考えて悩まれてきたのか、詳しく藪内さんご本人の口から語られますので、ぜひリアルな話を聞きにきてくださいね。

東京編の受講感想をちょっとだけ紹介させていただくと、

翻訳の仕事をしている話を直接聞くような経験がなかったので、仕事のやり方(ワークフロー)を聞けて(藪内さん、藤原さん両方の)勉強になりました。

ありがとうございます。私は、藪内さんのセミナーを聞いていて、簡単にお伝えできそうなことを咄嗟に思いついてお伝えしただけなのにご丁寧にありがとうございます。

藪内さんのメルマガやブログを読む限りでは、「弱さ」みたいなものを感じていませんでしたが、藪内さんも悩んで、訳語選択にも悩んで、自分の弱さに押しつぶされそうな時があるんだ!?自分だけじゃないのだと、ちょっと勇気をもらえた。

勇気をもらえたのは、あなただけではありませんよ、私もです(笑)。

トライアルに関する心構え、プロになった後の心構えを活用していきたい。

ハイ、じゃんじゃん活用してください。それが藪内さんが心から望んでいるところです。

1人は小回りが利くので変化しやすい、という言葉が印象に残りました。1人(フリー)だからこそできることだということですね。

1人だからこそできますが、孤独に耐え忍ぶ必要もありますね。このあたりは、結構藪内さんの口から詳細に語っていただいていましたねー。

CIMG2988

みなさん、「自分で考えること」をやめてしまってはだめですよ。KokoDoki Companyの受講生の方々にも、よく「ご自身で色々やってみてくださいね」と伝えています。このワード、色々な方に繰返しお伝えしているので、それぞれの方が「もしかして、自分のこと?」と思われるかもしれません(笑)。そのぐらい、みなさんにお伝えしています。

結局、翻訳支援ツールも、最終的にどのように使っていくかはご本人次第になりますので、仕事で使うまでに時間があるのであれば、色々なテキストを使って、実際に翻訳作業を進めてみることをお薦めします。

例えば、「よく長い化合物名を入れるとTradosがフリーズする」と言われますが(実際にそうなんですが)、こういった情報も、「へぇ~~そうなんだ~~」と聞き逃すのではなく、その長い化合物を含んだ文章を検索してみて、ワードにし、そのワードファイルを使って、自分の環境下で使ってみたらどうなるのか・・・・など、色々アレンジして使ってみていただければ、その翻訳支援ツールの特性もご自身で色々発見できると思います。

ぜひ、色々触ってみてくださいね(笑)。

話が大きくずれてしまいましたが、やはりリアルなセミナーで話しを聞くと、自分への響き方が違いますね。質疑応答の時間では、みなさん積極的に質問していただいて、とても「Hotな場」となったと思います。

私もでしゃばって質問させていただきましたが、そうすることで、色々なやり方がある・・・ということも参加者の皆様に伝わっていれば幸いです。

特許翻訳丸裸セミナー大阪編の締め切りは明日まで

CIMG2999
特許翻訳丸裸セミナーの大阪編につきましては、締め切りは明日までとさせていただいております。当日、現金にてお支払い可能か否かは、また藪内さんに聞いて、OKサインが出たら、またこちらでお知らせしますね。

セミナー詳細はこちら

セミナーお申込みフォームはコチラ↓から
https://jp.surveymonkey.com/r/GMSZX9Q

現在のところ、東京編よりも少ない人数での開催となりますので、藪内さんがより身近に感じられると思います。質疑応答の時間には、遠慮なく質問してくださいね。

東京の懇親会では、藪内さんはジャケット1枚脱いだのみとなりましたので、今度は大阪の参加者の皆様の腕にかかっています(笑)。じゃんじゃん脱がせちゃってください。東京編では、若干、別の方を丸裸にする話題に花が咲いたようですが、そこを「丸裸」にすることは絶対できませんので、ご容赦ください(笑)。

セミナー詳細はこちら

セミナーお申込みフォームはコチラ↓から
https://jp.surveymonkey.com/r/GMSZX9Q

CIMG2999

 

関連記事

ページ上部へ戻る