ブログ

SDL Trados Studio2019がセール中です

こんにちは。
KokoDoki Companyの藤原です。
今年は暖冬と言われていますが、
さすがに12月も間近に迫ってくると、
寒くなってきましたね。
主婦である私は、洗濯物が乾きにくくなるのが悩みの種です(泣)。

洗濯担当者以外の方も、
こんなことが悩みになる・・・ということ、
知っておいてくださいね(へっ、たかが洗濯?なんて思わないでー(泣))。

Trados Studio2019絶賛セール中

ということで、いつも突然始まるSDL社の
Trados Studio2019のセールですが、
今回は、「ブラックフライデーキャンペーン」ということで、
価格が40%オフになっています。

https://www.sdltrados.com/jp/store/

アップグレード版

このセールは、11月30日までとのことです。

40%割引は、SDL社のこれまでの割引率の中で一番大きいものですね。
おそらく年末のセールもこのぐらいになると思われます
(↑確約はできません。去年の動向ではそうだった・・・というだけです)。

Trados2017を所有の方は、そのままTrados2017で問題ありません。
特に操作が異なるということはありません。

「使いやすくなった!」「効率が○%アップ」とあるのは、
プロジェクト作成時のクリック数(「次へ」や「OK」などのクリック)
が減ったというだけのことであって、

逆に初めて使用する方にとっては、1画面ずつ展開していった方が
親切なような・・・。

すでに使い慣れている方にとっては、サクサク進められるので
楽になると思います。

Trados Studio2014や2015をお使いの方は・・・
そろそろアップグレードしておいた方がいいと思います。

私は、Tradosのハードユーザーですが、
さすがにもうTrados Studio2014には戻れません。

Trados Studio2015の方は、まだ使えると思いますが、
私の場合、Trados Studio2015には備わっていない
「高度な表示フィルタ」なしでは翻訳作業を進められない状態になっているので
(↑大げさではなく、「まじ」です)、
Trados Studio2017にしてよかったなーと思っています。

Trados Studio2019は、Trados Studio2017と共存できるとのことなので
(SDL社に確認済み)、Trados Studio2019もそろそろリリースされてから
日にちが経っているもあり、購入を検討しているところです。

翻訳作業をする上での操作性が変わらない
(↑こちらもSDL社に確認済み)ので、
二の足を踏んでいるのは確かですが。

ですが、今後もTrados Studioを使い続けることを考えると、
定期的に自分の環境もアップグレードしていった方がいいと考えています。
あとは、今年の確定申告分に入れるか、
来年の確定申告分に入れるか・・・
というところでしょうかね(笑)。

ということで、1年の中でも40%の割引はかなり大きいものなので、
迷っている方はKoKoDoki Companyにご相談メールをお送りください。

一人一人の方のご事情をお聞きしながら、回答させていただきます。

お名前 (必須)

件名をお選びください

お問い合わせ内容(必須)

上記の内容で送信しますがよろしいですか?
よろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る