ブログ

【Tradosトラブル】WordprocessingML v.2が見つかりません

a88589cd77432cffb825b4fce0d4889e_s

こんにちは!KokoDoki Companyの藤原です。

SDL Trados2017の8月のセールが始まりました(Trados2017 8月のセールが始まりました!)。そんな中、Trados2017以前のバージョンのTradosで「訳文の生成」をしようと思ったら、「WordprocessingML v.2が見つからないか、ジェネレータを構築するのに使用できません」というメッセージが表示されて、訳文が生成できなかったことはありませんか?

「WordpressingML v.2が見つかりません」

「WordpressingML v.2が見つかりません」

このメッセージが表示される原因は?

このメッセージが表示されてしまうときは、残念ながら使用しているバージョンのTradosでは、訳文のみで表示することができません。

バイリンガルファイルは作成できます。

通常は、↓の画像のアイコンをクリックすると、訳文のみ表示されるファイルが開きます。

「訳文の生成」ができない! Tradosの画面

「訳文の生成」ができない!

が、「WordprocessingML v.2が見つからないか、ジェネレータを構築するのに使用できません」というメッセージが表示されるファイルでは、このアイコンもグレイアウトしているので、クリックすることはできません。

このときは、残念ながら、現在使用しているTrados Studioをアップグレードするしかありません。

強制的にアップグレードさせる1つの手段なんでしょうかねぇ。当初は互換性があると言われていたと思うのですが、結局アップグレードしないわけにはいかないんですね。

ただ、SDL Trados Studio2017の場合、無料で使用できる期間が1ヶ月あり、その間、製品版とまったく同じ機能を使うことができるので、最初は試用版で対応して問題はありません。

もし、アップグレードしたいと思ったときに、SDL社がアップグレードのセールを実施していなかった場合には、少し待ちましょう。

ここ数ヶ月、月の後半に「○月セール」と称してセール期間を設けていることが多いので、そのときまで待つといいかもしれません。

ただし、毎月必ず開催しているとは限りませんので注意は必要です。

もし、セールが開催していない場合には、アメリアに入会することで、いつでも割引きを受けることができます。

アメリアに入会するときに、入会金と年会費が発生するので、その分を考えると、セールス価格を気にせずに購入することができます。が、アメリアの場合、求人情報が掲載されますので、そこで1社でも契約して、継続してお仕事をいただくことができれば、Tradosは安く購入できる、仕事もゲットした!といくことで、アメリアに支払ったものも「損」にはならないかと思います。

今後も、SDL社によるTrados Studioのアップグレードは1~2年おきに行われる可能性が高いかと思います。そのときにも同じようなメッセージが表示されるかもしれませんね。

もしご自身のファイルで「訳文の生成」ができないときには、このようなメッセージが表示されるかもしれません。
そのときには、アップグレードが必要になるということは覚えておいてくださいね。

【Tradosの使い方】
Trados2017 8月のセールが始まりました!
翻訳完了したのに「未翻訳」箇所?「マイナス(負)」の数って何?たまに「レビュー中」と表示?
ウィンドウの位置のアレンジ方法
Trados: Multiterm Convertを購入する必要がありますか?
【Tradosトラブル】原文が消えた!と思ったら?分節の結合/分割には要注意!

お名前 (必須)

件名をお選びください

お問い合わせ内容(必須)

関連記事

ページ上部へ戻る