ブログ

WordPress教室かなりコンテンツが充実してきました!

モニター用販売バナー

こんにちは!KokoDoki Companyスタッフの藤原です。

前回KokoDoki Companyスタッフの大島の書いた「地域ブランドに見る、翻訳者のブランディング戦略」三部作、お目を通していただけましたでしょうか?
まだの方は↓からどうぞ

地域ブランドに見る、翻訳者のブランディング戦略 Vol.1
地域ブランドに見る、翻訳者のブランディング戦略 Vol.2
地域ブランドに見る、翻訳者のブランディング戦略 Vol.3

着々と準備が進んでいます

この三部作からはや3週間が経過したわけですが、あれからどうなっているの?とちょっと気にして下さっている方、ご安心ください。ちゃんと進んでいますよ。

といっても、その行く手を止めていたのは、私、藤原です。お待たせしております皆様、申し訳ございません。

大島から続々テキスト等があがってくるのですが、私がチェックできない状態にありました。本日は、翻訳案件の合間であり、すでに次の案件の原稿等も入手しているのですが、これ以上進行を遅らせることができないこともあり、急ピッチでチェック作業に入っています。

でも、時間がかかっています。その理由は・・・・

チェックに時間がかかっている理由は?

KokoDoki Companyスタッフの大島は、「Mushup Works公式ブログ」(それ以外にも複数のサイト)というサイト、私藤原は「翻訳者の知恵袋」というサイトを運営しています。

大島は、今回のWordPress教室で講師を務めさせていただくので、WordPressについての知識も豊富。私はといえば、必要に応じてネットで情報をかき集めて、息も絶え絶えようやくサイトを立ち上げている状態ですが、この大島が仕上げてくるテキストを参照しながら、コソコソ自分のサイトに手を加えている・・・、あ、いや、テキストがきちんと第三者に伝わりやすくなっているのかを確認しているんですよww

ということで、ただテキストを受け取って、「はい」っと戻しているわけではないので、時間がかかってしまうわけです。

ただ、やっぱりこうしてテキストに沿って、WordPressを構築できるっていいなーと自分達のテキストながら思ってしまいます。

体系的に学ぶことができることは重要です

翻訳支援ツールの使用方法もそうですが、現在はちょっとググれば、自分でその探したいと思っている情報に行き着くことはできます。
私がWPサイトを立ち上げているように、必要に応じて必要な検索ワードをインプットするだけで、ある程度のことはできてしまうのですが、バラバラな情報を自分の中でひとつにまとめて創りあげるのが大変です。また、情報がありあすぎて、こっちもいい、あっちもいい、じゃぁ一体どれを選んだらいいの?とここでも頭を抱えてしまう。つまりかなり非効率になってしまうんですね。

また、導入が簡単とはいえ、今までサイトの作成を考えてことのなかった人にとって、FTTPは?phpとは?cssとは?と聞き慣れない言葉がツラツラ並んでいても、アレルギー反応を起こしてしまうのも無理はないと思います。

なのでそういった方々のために、テキストだけではなかなか伝えにくいものがあるときには、そのトピックに特化したオンラインセミナーを開催しますので、みなさんのスケジュールに合わせて受講していただくことも可能です。

これまでのKDCで開催している翻訳支援ツールマスター講座とは異なる形式で、皆さんに受講していただくことが可能です。

翻訳支援ツールマスター講座でもオンラインセミナーの開催を予定してはいますが、まずはWordPress教室でこちらのオンラインセミナーを開催していきます。

まとめ

5deaf57c7eb603a2db50e1e3fdc1961a_s

WordPress教室以外にも、複数のプロジェクトの企画も進んでいます。どれもこれも、自分ばワクワクしてしまい、うっかりするとそちらに気を取られてしまうので、自分の翻訳案件の進行が滞ってしまいます。
そのため、翻訳の仕事を滞らせないように、KDC、KDC Nets事業の展開を進めていっている状況ですので、WordPress教室開催は、もう少しお待ちくださいね。

以前お伝えしたとおり、モニター生として人数限定で通常価格よりも若干安くご購入いただけるコースも準備しています。

そちらのコースにご興味がある方は、こちらの問い合わせフォームからご連絡いただければ、モニター生の公開募集開始前に先行して、募集開始をお知らせいたします。この機会をぜひご利用ください。

お名前 (必須)

件名をお選びください

お問い合わせ内容(必須)

関連記事

ページ上部へ戻る